スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

ドールハウス

人形の家。人形を使ってごっごあそびが楽しめるおもちゃです。人形も合わせて子供に与えてあげると、そこは物語の舞台へと変わります。

Selecta(セレクタ)社、ベック(Beck)社など、ヨーロッパのものは古くからあります。日本のメーカーや工房でも、オリジナルのドールハウスを出すところが増えてます。

ヨーロッパの老舗のものは、かなり高いです。でも、さすがドールハウスの本場。人形、家具、小物までそろうものも。コレクターがいるのもうなづけます。

お勧めは「Plantoys(プラントイ)社」のものです。ドールハウスの種類、家具、人形、小物が充実しています。ドールハウスは、3階建てにするためのパーツもあります。壁が食器棚の観音扉のように開いて遊べるドールハウスも。何より、丈夫なつくりの上、値段がお手頃です。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(0) |

ままごとセット、お医者さんセット、お店屋さんごっこセットetc

お医者さん、お店屋さん、おかあさんごっこをはじめいろいろなごっこ遊び。
子どもは身近な大人の姿を真似しながら、社会性を身につけていくことでしょう。
女の子はもちろん、男の子も必ず通ってゆく遊びです

そんなときに役立つオモチャを多数、メーカーは提案しています。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(0) |

ビーズコースター

クネクネまがったワイヤーに色々な形のビーズがくっついており、それらをワイヤー内で自由自在にクネクネ動かして遊ぶおもちゃです。

ビーズが動物や、星や月の形をしている場合も多く、見た目がかわいいのも特徴です。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(219) |

プルトイ

文字通り、Pull(引っ張る)Toy(おもちゃ)です。

 歩ける子は「お散歩、お散歩」といいながら、そこらじゅうにおもちゃを引いて遊びます。
 歩けなくても、ハイハイができるなら、お母さん・お父さんがおもちゃを引いてあげてください。追いかけっこの始まりです。

ハイハイが出来ない子も大丈夫。かわいい形や、音を出すおもちゃが多いので引いてあげると目で追って楽しむでしょう。
 とにかく、万能選手。木のオモチャと言えば、プルトイ。

おすすめは、カラフルで動きがユニークな、プラントーイ社の「ダンシングアリゲーター」、「スネイル」、「スネーク」。価格もお手頃です。

プルトイとしてだけではなく、いろいろ遊べるのが、「童具館」の「じゃん」「たんく」。白木で、抽象的な形なので、創造力を膨らませて遊べます。その形状から「じゃん」は猫ちゃん、「たんく」はわんちゃん になります。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(0) |

おしゃぶり ガラガラ 

赤ちゃんが人生最初に出会うおもちゃといっても過言ではない、おもちゃ。
握って、眺めて、感触を味わって遊びます。大人から見たら何の変哲もない行為ですが赤ちゃんにとっては立派な遊び、仕事です。握力UP、きちんとした歯並びを形成するための歯固めとして、役立ちます。
代表的なものに「童具館」の「さくらんぼ」、「ちゃこ」や、「ネフ社」の「ドリオ」、「リングリィリング」などがあります。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(0) |

つみき 積木 積み木

150年以上前、ドイツの教育思想家フリードリッヒ・フレーベルによって考案されたもの。幾何学的な形が子供達のイメージをかきたて、豊かな造形遊びへと誘います。
 
効果として、第一に数学の基礎が身につきます。かたち、量が作り出す秩序の世界を学びます。
 第二に違う形、たくさんのピースをバランスよく使いこなす力が育ちます。「ここは立方体ではなく、直方体にしよう」とか、「ここは三角をつかってみよう」などです。
 第三に達成する喜びを経験させます。目標のものを集中して、崩れないように作り上げた時、子供はえも言われない達成感に包まれるでしょう。

国産では「童具館」、「ボーネルンド社」、国外では「HABA社」、「ネフ社」などが有名どころです。
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(229) |

パペット(手人形)

パペットは、あえて日本語に訳せば「手人形」。布でできていて、中に手を入れて、動かすことができます。

マリオネット(操り人形:「ピノキオ」のように、紐で操作するもの)との違いは、ぬいぐるみのように子どもが抱っこできるところでしょう。

人間の形をしたパペットもありますが、やはり、人気は動物!!

日本では、幼稚園や保育園では需要が高いおもちゃです。
が、アメリカやヨーロッパでは、とっても一般的なおもちゃです。

日本と違い、本当に小さいときから親と子が別室で寝ているヨーロッパやアメリカ。
寝かしつけるときに、ママがパペットを動かして話しかけたり、お話読みをしたり。
そして、「おやすみ」をしてママがでていってもパペットは枕元に。
生きているかのように動くパペットは、ママの代わりなのです。

日本でも、最近、養護施設などで注目されています。
虐待を受けて心を閉ざし、大人に警戒心を感じている子どもたち。
パペットで話しかけると、警戒を和らげ、心を開いてくれるきっかけとなるそうです。

パペットで代表的な会社は、
フォークマニス社(アメリカ)
ケテ・クルーゼ社(ドイツ)
カリスト社(ドイツ)
パペットカンパニー(イギリス)
| おもちゃの種類 | comments(0) | trackbacks(0) |


dot dot
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>