スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

童具館(どうぐかん)

NHKの「すくすく赤ちゃん」、「すくすく子育て」に出演、「おかあさんといっしょ・あそびだいすき」を手がけた和久洋三氏が設立した日本を代表する玩具メーカー。

全国で保育活動、アトリエで1000人の子供と接していくうちに自身の作品がどんどん単純化していく事に気づく。その様子はおもちゃというより、素材。同氏はそれを「童具」と名づけました。子供の遊ぶおもちゃに小細工はいらない。豊かな想像力で何でも作り上げるから、シンプルなデザインで十分。

「つながる形、つながる心、つながる生命。そして、童具の宇宙について」というキャッチコピーのもとに、「カラーボール」「たまっこ」、「つみきのいろは」等の代表作があります。どれも木のぬくもりがやさしい気持ちにさせてくれます。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

FOLKMIANIS Puppets社(フォークマニスパペット社)

主にパペット(指人形、手人形)を扱う会社。

それまでパペットといえば頭に綿が入っているだけの簡単なものでしたが、創立者であるフォークマニス夫人の手づくりパペットは体にも綿をつめており、しかも前脚と後ろ脚まできちんと作られたものでした。
 その愛らしいパペットは保育園、幼稚園、子供博物館、図書館などで子供達に大人気。ごっこ遊び、読み聞かせのパートナーとして大活躍。また、動物達の特徴を捉えたリアルなデザインから、自然センターや動物園、水族館等で解説の際に子供達の自然への理解力、関心を高める教材にもなっているそうです。欧米ではセラピーにも活用されています。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(1) |

アトリエ ニキティキ社

30年余年前から「成長過程で是非出会ってほしい優れた玩具」を子供達に受け渡す活動をしている木製玩具やぬいぐるみを輸入し、販売する会社。

時代の流れに迎合し、雑貨じみた木製玩具が多くなっていく中、確固たる経営理念をもとに子供の事を考えておもちゃを厳選して日本に届けています。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(225) |

NANCHEN社(ナンヒェン社)

人形を主に作る会社です。
一つ一つが手づくり。赤ちゃんが出会い触れるものだからこそ、表情にあたたかみがあって、安心できる素材を使いたいというナナさん思いが息づいています。
 素材にはオーガニックコットン、ドイツ・ビオランド(有機栽培協会)公認の牧場で育てられた羊の毛が使われ、染料も植物性の手染めというこだわりが貫かれています。

| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

DRECHSEL社(ドレクセル社)

 元東ドイツのグリュンハイニヘンには古くから家族で手工芸品を作る家々が軒を並べていました。はじめはそれぞれが作品を手押し車に乗せて近くの街まで売りに行っていましたが、そのうち販売をてがける会社が登場。
 その先駆けがこのドレクセル社です。

代表作にロウソク立ての「ウィンドミル」、人形と教会のフィギュアの「聖夜の合唱」などで空間を楽しくさせてくれます。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

ATELIER FISCHER(アトリエ フィッシャー社)

材料、デザイン、製造すべてがスイス生まれ。
森を歩いて気に入った木を探し、森林管理業者から直接購入するスタイル。
製造は家族に世代夫婦のほかに女性二人が働く小さな工房で営まれ、木箱の組み立ては障害を持つ人たちの働く地元の作業所に委託しています。
とにかく、地域密着で作られた作品は愛に満ち溢れています。

代表作は「キューブモザイク」、「六面体パズル」、「キュービックパズル」などのパズル系のおもちゃです。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

BELI DESIGN社(ベリデザイン社)

絵画とデザインを学んだ後世界を放浪したリーベルト氏は、その後、会社を創立。
自身の作品を「幾何学アート」と称し、虹色を基本としたグラデーションは大人子供を問わず人をひきつけ、球や直方体の様々なパーツはおもわず触りたくなる魅力があります。

代表作品に「玉のラビリンス」、「色彩のラビリンス」、「マグネットリーフ」などがあります。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

SCHAAF社(シャーフ社)

工業大学出身で研究職についたこともある、創立者のシャーフさんが物づくりへの熱を捨てきれず、自分の子供におもちゃを作ったのがきっかけで1982年創立。

「出来る限り簡素なデザインと調和のとれた色使いを目指している」という考えからは赤ちゃんという幼く尊い生の敏感さ、繊細さを大切にしたいという姿勢が読み取れます。

グランパパ・オーナー津川雅彦の提案でドイツのシャフ社が商品化した『紙やすりだけで仕上げられる』おしゃぶりキットという商品もあります。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

GORGE LUCK PUZZLE社(ジョージ・ラック・パズル社)

1975年、イギリスで創立。
妻のケイさんはじめ優れたイラストレーターによるデザインを、夫のジョージ氏が見事なカッティング技術を駆使し、子供達が熱中して遊び、しかも、飾っても楽しめる「木製パズル」に仕上げてきました。「より良い環境でパズルデザインを考えたい」という考えのもと、ニュージーランドに移住。まさにパズルに人生をかける職人夫婦。豊かな自然に触発された美しいパズルの発表が待たれます。

(参考資料 『GOOD TOY CATALOGUE』ジョルダン社 2006・7・1)
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |

MICKI社 (ミッキー社)

1944年、スウェーデンのゲムラという静かな街で創業。
あくまでもシンプルで子供の空想の世界を豊かにする、レール遊びの原点を目指してきました。
 リアルで派手なパーツはありませんが、飽きの来ないレールシリーズは業界屈指です。
 実際、プレイルームに入った子供はまっさきにこのレールに向かいます。
| おもちゃの会社名 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>


dot dot
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>